ゴルフクラブのチッパーの打ち方について

ゴルフでグリーン周りのアプローチ専用に作られたクラブをチッパーと呼びます。

アプローショットを使用するために作られたチッパーですが、特にランニングアプローチを簡単にする魔法の道具と呼ばれています。ロングアイアンを使用して行うランニングアプローチですが、チッパーの特徴はピッチングウェッジやアプローチウェッジ、サンドウェッジに比べてロフト角が小さく、シャフト長が短いことです。チッパーはランニングアプローチに特化したクラブなので、それ以外に使い道はないということです。

それだけ優しく出来ているという事なので、グリーン周りが苦手な人には扱いやすいクラブという事になります。チッパーはウェッジのように振り上げてスインズを打つのではなくパターのように引いて打ち出す打ち方をします。ロングパットを打つ時のようなイメージでヘッドを振り上げず、地面と平行に引いて打つのがポイントです。

普段クラブでショットするときよりも、若干ボールに近い位置に構えるのが正しい打ち方です。