ゴルフの都市伝説について

ゴルフにはたくさんの都市伝説みたいなものがあります。

牧童が家畜を追う間に楽しんだのがゴルフの発祥だとか、コースが18ホールになったのはポケット瓶のスコッチをティグランドでキャップ一杯ずつ飲んで空になったのが18ホール目だったからと言われています。仮にゴルフのルールを決められるほどの意思決定権を持つ人がそうしたのなら、誰が18杯飲んでいたかくらいは分かるものだと思います。

この話はよくできていて、スコッチウイスキーを前提にすることで、ゴルフが英国発だということを世界に印象付けることができたことになります。実際に18ホールと決まったのは、競技の主流がスクラッチ競技からより多くの人が一同に競えるストロークプレイになってからのことなのです。

それまでは1ホールごとに勝敗を決めていたスクラッチ競技だったので、ホール数は重要ではなかったし技量を計るハンデのシングルなんて言葉もなく全員がハンデ0で競っていたわけです。