ゴルフコースでの動物などについて

ゴルフは自然の中でプレーするものなので何が起こるか分からない状態です。

カラスにボールを持っていけれるトラブルもない話ではありません。ゴルフのルールでは、カラスは局外者というプレーする人と関係のない存在として扱われます。局外者により止まっているボールが動かされた場合はペナルティはなく、球をリプレースしなければいけないルールがあります。元の場所にリプレースするか断定できない場合は一番近いと思われる場所にドロップする必要があります。

カラスがボールを持って行ってしまった場合は別の球に取り替える事もできますが、明らかにカラスなどの局外者によって動かされた証拠が必要になります。カラスは蛍光色のカラーボールに興味を示す事が多いので、カラスが多いと感じたら白いボールにチェンジするのも防御策として良いです。カラスに限らずに犬やサル、キツネやタヌキなど多くの動物がゴルフ場には現れます。

ゴルフは自然との戦いなので落ち着いて対処する事が肝要です。