ゴルフナビを使う場合に気を付ける事

GPSの普及と共に人気が出たのが携帯型のゴルフナビです。

これを使う事で、自分の位置からグリーンまでの距離、そしてその途中にあるバンカーや池までの距離なども知ることが出来るのでとても便利なツールなのです。

最近ではその機能が付いたゴルフカートもあり、キャディーさん無しのセルフプレーの時などにはとてもありがたいものになっています。

とは言え、携帯型のゴルフナビを使っているゴルファーの中には、スロープレイの原因となる行為をしている人がいることも事実です。

ティーショットを打った後にカートで移動して最寄りの場所にカートを停める。

そこから一旦クラブを持たずにボールの近くまで歩いて行ってゴルフナビで距離を測り、カートに戻ってからクラブを選んで再度ボールの所に行って打つ。

この一連の動作が遅延プレイとなっているのです。

第2打や第3打を打つ時には最初から想定される距離に応じたクラブを2・3本持って行くことが常識ですので、ゴルフナビを使う場合にはその常識を決して忘れないでほしいものです。