ゴルフのおすすめグリップの握り方

ゴルフで、アマチュアゴルファーは、グローブの親指の部分が使用しているうちに破れてしまうことが多いのは、明らかに力が入り過ぎているという証拠です。

柔らかくグリップをしているプロゴルファーや上級者のグローブの親指部分が破れることは絶対にありません。親指にマメができるという人もいますが、それもまた力が入り過ぎている証拠です。しっかり握るなどというアドバイスを過剰に受け止めてしまうと、腕や肩まで力が入ってしまいますから、親指を外してもスイングできるくらいでも、しっかり握れているのだと理解することが大事です。

左手を少し被せ気味に、右手を浅めに握った軽いストロンググリップが、クラブを自然に振りやすいお勧めのグリップです。さらに両手のひらを正しく向かい合わせる感覚で握り、左右の手の力加減が均等な状態であることも大事なポイントです。

どちらかの手のほうが強いというのは、クラブフェース面も安定せずエネルギーロスにつながるので、下側にある指でグリップをして、クラブヘッドの重量を感じ、左右バランスよく握ると良いです。