ゴルフのクラブヘッドのセット法について

ゴルフでスライスばかりしてしまう人や逆にフックばかりが出てしまう場合、基本的なスイングに課題を抱えていることが多いものです。

右にも曲がるし、左にも曲がるといった人の場合にはアドレスに問題を抱えていることが多いものです。その要因の一つは、クラブヘッドを飛球線方向に正しく構えることが出来ていないという要素です。人の動作というものは、案外自分の意思どおりには動かすことが出来ないことも多々あるもので、感覚に大きく左右されてしまう要素が多数存在しています。

クラブヘッドの向きをなかなか正しく構えることが出来いない人に有効な対処のひとつとなるのが、右目を閉じて、左目だけでクラブヘッドを構えてみるという方法です。ドライバーの場合などは、それでも左目視野よりも左寄りにクラブヘッドが位置することもありますが、

少なくとも右目で見るよりも、歪みが少なく見ることができます。クラブヘッドを真上に近い位置から見られるほうが、飛球線方向に対して垂直にクラブヘッドを構えやすくなるのです。