ゴルフの利き足の概念について

ゴルフで重心位置や利き足、利き目など、人には相反している特性が多々存在しているものです。

これらの特性を無視した指導や理論は、現実的なものとはなりにくいということをまずは認識して置くことが肝要です。ゴルフのアドレスにおいて、重要な特性のひとつとなっているのが利き足の存在です。この場合の利き足というのは、どちらの足が器用に動かせるかということではなく、どちら側の足に主として体重をかけておくとスイングが安定するかという意味です。

自分の特性としての利き足を意識しておくと効果的なシチュエーションとなるのが、傾斜でのアドレスです。左足下がりの傾斜であっても、左足上がりの傾斜であっても、基本的には自分の利き足に体重を主にかける意識でアドレスを行うと安定的なスイングに繋がります。

ただ、傾斜の度合がきついときには、利き足を上手く利用したアドレスが取りにくいかもしれませんので、原則無理をせずに小さなスイングを心がけると良いです。