ゴルフのロングアイアンの特徴について

ゴルフで、14本のクラブをどのようにセッティングするかは、そのプレーヤーのプレースタイルが垣間見えて、興味深いものです。

特に飛ばし屋と言われている方は、ドライバーはもちろんですがロングアイアンにもこだわりがある事が多いです。3番・4番アイアンなどは、アマチュアゴルファーには難しく、ゴルフバッグに入れていない方の方が多いでしょう。ロングアイアンで芯を捉えた時の感触がたまらないという方や、アドレスした際のなんとも言えないかっこよさが捨てがたいというロングアイアン愛好者がいるのも事実です。

確かにロングアイアンは、上級者こそが使いこなしている難しいクラブのイメージです。初心者や、アベレージゴルファーには、憧れですらあります。難しいイメージのあるロングアイアンの特徴としては低弾道で方向性に優れている、スイートスポットが狭いため、ミート率が低くなる事です。

きちんと当たれば、思い通りの所へボールが飛んでくれるクラブです。