ゴルフで上達の道はパッティング練習にあり

ホールを回っていて、なかなかいいスコアが出せないとお悩みの方が多いと思います。

実はゴルフの上達のためには、パッティングの練習がとても重要なのです。

ゴルフ初心者の方は、ボールとカップの距離感がつかめないことに悩みます。

カップとの距離感をつかむための練習法として、1メートルのショートと3メートルのロングを交互に打つことをお勧めします。毎日少しずつ続けているうちに違いが解ってくるはずです。

具体的な練習法としては、まず初めに、目標の距離の倍の距離に目印をつくって、短い距離のパッティングからスタートします。

その後ロングの距離で練習してみてください。

自宅での練習はどうしても同じ距離に集中してしまうので、自宅で可能な範囲内で距離を決めて、ショートとロングの打ち分けを練習しましょう。

ショートパットの練習をするときに、注意点があります。

パッテングでストロークが緩んでしまわないように気をつけるようにしましょう。