プロゴルフ選手、石川遼の今後について

石川遼選手選手が華々しくデビューして、日本国内を席巻し、その後アメリカツアーに飛び立ってから数年がたちます。

実際のところ、ライバル、いや格下であった松山英樹選手のほうが完全に上に行ってしまい、今や世界のトップと日本ツアーでもなかなか勝てない選手という差がついてしまいました。

もちろん、タイ格差があって、海外では石川選手が無理に飛距離で対抗しようとして、まっすぐボールが飛ばなくなったことが大きな要因であることは本人も認めているところです。

また、石川選手のコメントでなるほどと思ったのは海外のコースはとにかくOBがなく、いかなる環境からでもショットする必要があるという点です。

日本ではジュニアやアマチュア時代からすぐにOBであれば、打ち直すことになるのですが、その積み重ねが海外で転戦するようになると経験のなさにつながることもわかってきました。

日本の選手にももっともっと過酷な環境からのショットを若いころから経験してもらうべきだと思います。